電動バックシェーバー! 背中のお手入れグッズ紹介

背中を見せて走る男性女性

 

背中のムダ毛、どうしていますか?

 

毛深い女性、男性の中には、背中の産毛(?)が濃くて気にしている方もあると思います。でも、背中って、手も届かないし、直接見ることもできないし、どうやって処理すればいいか、途方に暮れますよね。そんな男性の方々に、ちょっと面白い脱毛グッズを紹介します。

 

マングルーマー(Mangroomer)という電動バックシェーバーです。マングルーマーとは、人間用グルーミング器、という感じでしょうか。名前からわかるように、アメリカのメーカーが開発・販売しているグッズですが、平行輸入品という扱いで日本国内でもアマゾン、楽天といったネットショップ、あるいは東急ハンズなどで購入することができます。

 

マングルーマーの特徴

さて、このマングルーマー、全体の形状は、少し大振りの孫の手をイメージしてもらうとよいと思います。背中のすみずみに届くように柄が長く作ってあり(普段は折りたたんで収納しておけます)、柄の先にブレイドのついたヘッドが取り付けられています。電動式のブレイドは2種類、ムダ毛をカットするトリマータイプと、シェービングタイプがあり、付け替えて使用することができます。

 

まずはトリマー刃でふさふさ伸びているムダ毛をカットし、そのあとでシェービングするとツルツルに処理することができます。肝心のマングルーマーの脱毛効果(実際には除毛ですが)については、ユーザーの評価はおおむね好評のようです。

 

こんなデメリットも…

ただ、孫の手のように柄の先端を持って背中に回して処理するわけですから、マングルーマーを使うと腕がけっこう疲れる、それから体に脂肪が多めについている方、アスリートのように背中に筋肉が厚くついている方は、ちょっとうまく使えないようです。

 

あと、どうしても手探りで処理していくわけですから、剃り残しは出ると思います。男女兼用を想定して開発されたようですが、やはりマングルーマーは、女性より男性向けの商品だと思います。こういう電動シェーバーは女性の細い産毛はあまりきれいに剃れないことが多いですし、ブレイドのタイプによっては肌荒れになるリスクもあるのではないかと思います。

 

 

脱毛サロンで背中を処理するメリットはこちらの記事

 

まあ、いろいろメリットもデメリットもありますが、手が届かないのならば柄をつければいいんだ、という発想の明快さ、おおらかさがいかにもアメリカっぽいですね。