医療レーザー脱毛とサロン脱毛での背中脱毛の違い

背中脱毛を受ける女性

 

全身脱毛に背中の毛は含まれる?

全身脱毛を行う際、背中の毛は含まれるところと含まれないところがあります。なぜかというと、背中の毛は非常に脱毛に時間がかかり、他の箇所よりも回数が必要な箇所のためです。通常の箇所は18から24回程度で脱毛は終わりますが、背中の毛は毛穴が大きく時間がかかるため、36回程度必要になります。また、これは普通の毛の濃さの人の場合であり、もっと毛が濃い人はさらに回数がかかることになります。

 

脱毛は医療レーザー脱毛とサロン脱毛の2つの選択肢

脱毛は大きく分けて、医療用レーザーを使う医療レーザー脱毛と、エステサロンなどで行うサロン脱毛がありますが、背中の毛を脱毛する際に、脱毛効果の高さを求めるなら医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛はサロン脱毛に比べてレーザーの威力が大きく、背中にはかなり適した方法になっています。

 

逆に、料金の安さや、施術時の痛みが気になるならサロン脱毛がおすすめです。

 

それぞれメリットデメリットがありますので、自分にあった方を選びましょう。

 

医療レーザー脱毛の種類はいろいろ

一口に医療レーザーといっても種類は様々あり、おすすめなのはアレキサンドライトレーザーというものです。これは、普通の毛と、産毛も脱毛することができるレーザーの種類です。しかし、毛が濃い人にはもうひとつ、ダイオードレーザーという種類がおすすめです。これは先ほどのレーザーよりも威力がさらに強く、毛が太めの人にも対応できます。

医療レーザー脱毛の手順

医療レーザーを使用した脱毛の方法としては、基本的には他の箇所と同じですが、うつ伏せになって背中全体に向けレーザーを当てます。また、脇と同じように毛穴が大きいので少しずつレーザーを当てる作業を繰り返していきます。そのため他の箇所より少し時間がかかります。
サロンで背中の脱毛をすることも可能ですが、医療レーザー脱毛に比べてさらに回数、時間が必要になります。メリットとしては医療レーザー脱毛に比べれば値段が安いですが、効果も薄いためあまりおすすめできません。脱毛方法としては、背中全体にジェルを塗布し、レーザーをあてていく方法が多いようです。このように、病院での脱毛と、エステサロンでのサロン脱毛にはかなり違いがあります。

病院の医療レーザー脱毛

レーザーが強力なため痛みを伴うことがあることがデメリットですが、基本的には病院での脱毛をおすすめします。価格はだいたい36回施術で30万円程度です。エステサロンでの脱毛は、よほど毛が薄い人か、途中までしていて中途半端になっている状態ぐらいなら、綺麗な状態までもっていけるかもしれません。日々ワンピースやドレスなど、背中の開いた服をよくきる人は思い切って他の箇所と一緒にやってしまってもいいかもしれません。病院によって、価格や脱毛の方法自体色々と違いがあるので、自分にあったところを探して施術してもらうことが大切です。

 

医療レーザー脱毛機の種類と特徴

医療レーザー脱毛の施術室

 

医療レーザー脱毛は、厚生労働省から認可を得た医療機器を使用することで脱毛することができます。医療レーザー脱毛機を使用して体毛を除去していきますが、いくつか種類があります。それぞれの医療レーザー脱毛機の機能と効果の違いを把握しておくと、より効果的に脱毛を行うことができます。

 

ただこれは逆にいえば、相性が合わない医療レーザーの機械もあるということなので、注意したほうが良い場合もあります。

 

背中脱毛に適した医療レーザー脱毛機

例えば、産毛などを剃る場合にはレーザーの機械が反応しづらいために使用後においてもあまり剃られていないような状態になることもあります。背中の毛は産毛が多い傾向があり、レーザーによっては期待できません。

 

医療用レーザーの種類としてはヤグレーザー・アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・メディオスターなどの種類があります。レーザー脱毛の場合もレーザーの種類によっては光脱毛と同様に色の薄い産毛などには反応しづらいため、あまり効果は期待できません。ですので、背中の毛の脱毛にはそれに適したレーザーを使う必要があります。

 

レーザーの機能面を具体的に見ていきます。

 

レーザーの種類 機能の特徴
アレキサンドライトレーザー 痛みの質はゴムではじいた時のような痛みがありますが冷却装置があるため痛みを軽減することができます。ただ太い毛に対しては除去しやすいのですが、産毛には効力があまりない場合が多いです。そのため、背中の毛にはなかなか使いづらい面があります。また、日焼けした肌では使いにくいです。
ヤグレーザー こちらは肌の黒ずみがある場所や色黒の方にも使用可能です。産毛の除去にも効果がありますので、背中に使用することも可能です。ただし、このレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも痛みがありますのでそこは注意します。
ダイオードレーザー 痛みが少なめで済むという面があります。また細い毛や産毛にも効果が期待できますので背中の産毛の除去に使うことができます。ただ、VIO脱毛を受ける場合は痛みが少し強めです
メディオスター 最近の医療レーザー脱毛機として、メディオスターという種類の医療用のレーザー機械も登場しています。こちらは、痛くない医療用レーザーといわれています。ほかの医療レーザー脱毛機と違って蓄熱式脱毛理論を採用しており、熱破壊衝撃が少なくなるように配慮されています。ですので、痛みを感じずに施術を受けることができ、時間についてもあまりかからないという点で便利です。背中の毛にも使用することはできます。まだクリニックにおいての導入例は少ないですが、今後主流として使われることが期待されています。

 

脱毛サロンで背中を処理するメリットはこちらの記事