背中の肌はデリケート! 脱毛後に注意する点は?

背中と肩を向ける女性

 

少し意外に思うかもしれませんが、背中というのは脱毛でトラブルが起きやすい部位です。背中は目で確認することもできないし、手も届かない部位なので、「背中脱毛」というのはこれまで、ムダ毛がかなり濃くて悩んでいるのでもなければ、ほとんどの女性は行ってこなかったと思います。

 

レーザー脱毛や光脱毛の普及でムダ毛の脱毛が容易にできるようになり、また同時に、レーザー脱毛で「産毛を処理する」という美肌ケアも一般的になりました。

 

背中の脱毛を行う方は、以前に比べるとずいぶん多くなりましたが、そのぶん、脱毛のトラブルに悩んでいる方も増えたのではないかと思います。長い間、脱毛の空白地帯だった背中。特徴を把握して適切にケアしましょう。

 

まず、背中部分になぜトラブルが多いのかというと、背中の皮膚はわたしたちが考えるよりもずっとデリケートにできているためです。背中の皮膚は他の部位よりも薄くできており、レーザーの熱など、外からの刺激にはあまり強くありません。また、薄い分、皮膚は皮脂を多く分泌してバリアを作っているのですが、皮脂は雑菌が繁殖する温床にもなるため、脱毛という点から見ると、この性質もマイナスに働いてしまいます。外気にふれる時間が少なく抵抗力があまり鍛えられていないことも原因の一つであるようです。

 

背中脱毛を受けたあとは、レーザーの熱で毛穴に炎症が起こりがちです。炎症が起きていると抵抗力が落ち、雑菌も入り込みやすいです。脱毛が背中の皮膚にとって大きな負担になることがわかると思います。

 

脱毛後に保湿などのスキンケアが必要なのは体のどの部位でも変わりありませんが、背中を脱毛した場合は「患部を清潔に保つこと」に重点を置いたアフターケアがおすすめです。

 

まず、一般的に背中脱毛の施術を受けたその日は、浴槽に入らない方がよいといわれますが、背中の場合は2〜3日は避けた方がよいでしょう。浴槽のお湯は雑菌が繁殖しやすいためです。その間、入浴はシャワーにしますが、できれば朝晩浴びて汗やほこり、垢など雑菌につながる汚れを落とします。

 

下着も毎日替えましょう。また、髪の毛も意外に汚れがついています。女性でロングヘアの方は、患部につかないように髪を上げておく、背中の出た洋服を着ないようにするとといいですよ。

 

背中の毛を処理するならはこちらの記事